このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「結婚式の席次の決め方」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
「結婚式の席次の決め方」コングラッチェ

招待状の返送がきて、いよいよ参加人数が決まったら、席順を決めなければなりません。
友人をたくさん呼ぶ場合、「あの人と一緒の席にしてほしい」や「あの人と一緒のテーブルは嫌だ」など、
わがままな意見もくることがあります。

悩みすぎてストレスになってしまう前に、まずは決まり事にのっとって席次を決めていくのがおすすめです。
どんな決まり事があるのか見ていきましょう。

まず最初に知っておきたいのが、席次の基本的なルールです。新郎新婦に一番近い席が上座となり、
入り口に近いところが下座となるのです。つまり、一番近いテーブルには主賓や会社の上司などを、
下座には、家族の人が座るのが普通です。親族については、両親が末席、関係が遠い親せきや年配者ほど上座
というように覚えておきましょう。

ただ、これもかつてのルールであり、現代は、上座や下座にこだわらないという人も増えておきております。
例えば、家族が一番大切だということで、会場の中央に家族席を設けるという人もいらっしゃいます。

次に、グルーピングです。同じテーブルには同じグルーピングの人を配置するのが理想的です。
会社関係、母方親族、父方親族、友人関係、といったように分けるのが通常です。

テーブルに着席できる数に合わせて分けると、席も決めやすくなります。
そしてテーブルの中の席順ですが、これも決まり事があります。式場によってことなるのですが、
良い席の順番が必ずあります。会社関係であれば肩書や年齢、社歴に従い、それ以外は基本的に年齢順です。
式場の担当者が、どこが良い席か教えてくれますので、それに従って決めていきましょう。

ここで大切なのが、隣通りにしても問題ない組み合わせかどうかのチェックです。
あまり仲の良くない人が隣同士になっていないか、両隣が初対面ではないか、など細かなところを気配りするようにしましょう。

結婚式の準備をしている人は、総じて席次が一番大変だった、という声をあげます。
それほど気を遣う作業なので、自分一人の基準で決めるのではなく、ある程度決まり事に従って決めた方が楽です。
それでも決まらない場合は、パートナーに相談して、二人で乗り切っていきましょう。