このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 知っておきたい席次のルール
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
知っておきたい席次のルールコングラッチェ

どこにでも座っていいというわけではない結婚式の計画を立てる上で大事になるのが席次。誰を、何人招待して、そのうちの何人に当日出席していただけるのか。そのあたりがある程度固まってきたら、今度はそのゲストたちの誰がどこに座っていただくのがよいのか、というところを決める必要があります。結婚式ですから、立食パーティーのように誰がどこに行っても良い、というわけにはいかないのです。

まずは、新郎新婦がどこに座るのか決めて、その次にはできるだけ自分たちに親しい人が近くに座るように席次を配慮しなくてはならないわけです。これは、式を円滑に進めるためでもあり、また、自分たちに近しい人たちにできるだけ良い席に座ってほしい、という配慮の表れでもあるのです。

ですから、事務的な作業だからと面倒くさがらずに、プランナーと一緒にしっかりと配席を考える必要があるのです。席次のタイプは大きく分けて二つまた、出席する人数などによって、テーブルの配置、タイプを変えていく必要があります。代表的な配置としては、以下の二つが挙げられます。

くし型新郎新婦の席から見て、縦長のテーブルを直列させるスタイルです。自分たちの近くの席にそれぞれの父母が着席するように配慮し、主賓も新郎たちの目の前の席に座っていただきます。基本的に、新郎たちから見て一番近くが上座となり、遠ざかるほどに下座となる、という仕組みになります。

大勢の人数が座ることができますから、人数が増えてきた時にはこの席次が効率的です。ちらし型丸テーブルをいくつも配置するスタイルです。どちらかと言えば、メディアなどでよく目にするのはこちらのスタイルの方かもしれません。各テーブルごとにそれぞれ親しい人たちが一緒になって座れるように配慮をして、自分たちの近くのテーブルには主賓が座れるように配席する点は共通しています。

いずれの席次にしても、親しい人ほど自分たちの近くに、というのが基本となるわけですが、もちろん状況によってはそうでないパターンにしてみる必要がある場合もあるでしょう。これも夫婦二人の共同作業の一環です。細かな操作が必要になる作業ではありますが、二人で知恵を出しあって、席次というディテールをきちんと詰めていきましょう。