このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 結婚式の選曲も重要。いい曲を選んで式を盛り上げましょう
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
結婚式の選曲も重要。いい曲を選んで式を盛り上げましょうコングラッチェ

結婚式では、式中に流す選曲も重要になります。流行りの曲を流すもよし、定番の曲を流すもよし、あるいは、自分たちのなじみ深い曲を流すのも良いでしょう。いずれにしても、式を彩るためには、BGMの選択はぬかりなく進めていきたいところです。具体的に何を選ぶか、というのは個人の趣味によるところが大きくなりますが、式の新興の流れから行って、「この段階ではこういう曲を選ぶのがセオリー」というのは存在しています。

ここでは、結婚式の一般的な選曲のしかたを、式の進行ごとに紹介します。入場新郎新婦の入場シーンで使う曲。基本的には、盛り上げるための選曲が必要ですが、二人はゆっくりと歩いて入場するわけですし、あまりアップテンポな選曲になるのも考え物。適度に盛り上がるようなテンポの曲にするのが無難でしょう。

また、テンポの速い曲には男女の別れを扱った曲が結構多かったりもしますから、その辺りにも気を付ける必要があります。乾杯新郎新婦が指名した主賓による、乾杯の音頭を取る時の楽曲。乾杯の音頭は挨拶が短く、盛り上げどころも一瞬で終わりますから、選曲と音頭を取るものとの間のタイミングの合わせ方が難しいところ。

選曲というより、そこのリハーサルを入念い行いましょう。ケーキ入刀こちらの選曲もどれを選ぶかと言うよりもサビと入刀をきちんと合わせるのが重要。盛り上げるためには歌詞のチョイスなど、いろいろと工夫してその瞬間を盛り上げる必要があります。花嫁への手紙花嫁への祝辞を述べるこちらの選曲は、やはり涙を誘うようなものがオススメ。

二人にとってのゆかりの曲や、彼らが若い頃の流行歌などもいいかもしれません。プロフィールビデオ二人の結婚までの思い出を語るプロフィールビデオ。自分たちにゆかりのある曲にするのも一つの選択です。二人にしかわからないような曲にするとゲストに伝わらなくなりますから、わかるような曲にするように配慮しましょう。

退場退場シーンですから、盛りあげるよりは涙を誘うような曲にするのが盛り上げ方としては無難でしょう。また、集まってくれたゲストへの感謝の意を表するような選曲にするのも悪くはないでしょう。