このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 友人代表のスピーチをビシッとキメるために!
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
友人代表のスピーチをビシッとキメるために!コングラッチェ

結婚式のスピーチにもいろいろありますが、その中の一つに「友人代表のスピーチ」というものがあります。新郎新婦の友人の中の代表者の一人で、二人に対する祝辞を述べるのがこちらのスピーチです。単にスピーチする人自身の気持ちを述べるのではなくて、スピーチをしない友人全員の気持ちを代弁しなくてはなりませんから、なかなかの重役です。友人は、昔の恩師や親戚などとは違い、式の後の人生でも親交を深めていく存在ですからなおさらです。

ここでは、そんな友人代表のスピーチのコツを紹介します。まずは自己紹介をしっかりと友人代表とは言っても、まずは自己紹介をしっかりとしましょう。出席者の中には、自分のことを知らない人も多くいますから、まずは指名はもちろんのこと、新郎新婦との関係など、できるだけ簡潔に自分のことを説明するようにして、立場を明確にしましょう。

主役はあくまでも新郎新婦ですから、ここで時間をかけるのも考え物です。ダラダラと自分の話をするのではなくて、話の前置き程度に、簡潔な自己紹介を準備しておきましょう。最低でも、自分が新郎新婦どちらの友人なのか、今はどういう間柄なのか、そのあたりを明らかにする必要があります。

具体的なエピソードを交えて話す立場はあくまでも「新郎新婦を立てる役」というところになりますから、あまり自分の話をせずに、新郎新婦の話をするようにしましょう。とはいえ、あまり彼らの話だけをし過ぎても、「誰にでもできる平板な話」になってしまいますから、話題の選択には気を付ける必要があります。

例えば、自分しか知らないエピソードにするとか、最低でも仲間内しか知らないような話にすると良いでしょう。どちらにしてもほほえましい内容の話題で、あまり参加者が知らないであろう思い出話をして、祝辞につなげていく、というのがスピーチとしては理想的ではないかと思います。いずれにせよ、友人代表のスピーチにはそれなりの重みがあります。指名されたことはプレッシャーにもなるかもしれませんが、大役だと考えて、それなりの内容を準備しておきましょう。

内容を考えたらセリフをきちんと覚え、練習を重ねて、二人の式が盛り上がるような素晴らしいスピーチをしてあげましょう。