このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - スピーチを頼まれたらどうすればいい?マナーを守って素敵なスピーチを。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
スピーチを頼まれたらどうすればいい?マナーを守って素敵なスピーチを。コングラッチェ

結婚式で「お祝いの言葉をお願いします」と頼まれたら?一体何を話せばいいか困ってしまいますね。お幸せに!の気持ちを表すスピーチのコツをお教えします・上品に、少しだけ楽しくお祝いの言葉は、あくまでも礼儀正しく上品に行いましょう。お友達の結婚式では、喜びをあらわそうとしてついハメを外してしまう方も。

しかし、「友人を見れば人となりが分かる」と評価する年配の方もいらっしゃいます。お友達がこれから婚家と親戚づきあいする上でマイナスポイントになるような事は避ける方が良いですね。特に、過去の恋愛話や新郎新婦が内緒にしておきたいエピソードを暴露してしまうのは失礼にあたります。何かエピソードを紹介したい場合には、事前に新郎新婦にOKを貰っておくのがベターです。

内輪ネタや政治宗教の話、商売の話、失敗談、子供の話も避ける方が良いですね。簡単な自己紹介、新郎新婦及びご親族の方へお祝いの言葉、新郎(新婦)の楽しいエピソード紹介、お幸せになど締めの言葉という流れで、短めにまとめると・忌み言葉、重ね言葉は避けましょう忌み言葉というのは、別れる、終わる、出る、帰る、散る、切る、移るといった「離別」を連想させるような言葉の事で、お祝いの席では不吉なので使わない事がマナーとされています。

例えば、フラワーシャワーで「花弁が散る」のは「花弁が舞う」。結婚に伴い引っ越しをする場合には「新居に移る」ではなく「新居に入る」などと言い換えます。「最後になりますが~」「これでお祝いの言葉を終わります」といった、普段の挨拶でしたら当たり前に使う締めの言葉も「最後」「終わる」は忌み言葉ですのでNG。

「お祝いの言葉といたします」などと言い換えます。重ね言葉は、たびたび、重ねて、次々、いろいろ、わざわざ、再度、ますますなど。言葉が重なる様子が「何度も同じことが起こる、再婚」を連想しますのでこれも避けましょう。うっかりしがちなのは、「新婦は新郎に出会いますます美しくなって」など、良い変化をあらわす重ね言葉です。良い変化であっても重ね言葉はNGですから「より美しく」「見るたび美しく」など言い換えましょう。