このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 思いが伝わる席次表
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
思いが伝わる席次表コングラッチェ

自分の結婚式に出席する人たちには、楽しい気持ちで帰ってほしいと思いますよね。もちろん一人一人の参列者のことを大事にしたいと新郎新婦は思うはずですが、それでも、付き合いの程度によって席順を決めていく必要があるのです。

席順を決めた後に席次表を作成しますが、まずは返事を頂いた招待客をグループ分けする必要があります。新郎側、新婦側に分けた後、会社関係なのか、親族か、友人かなどに分けます。その後考えなければいけないのは、一つのテーブルに何人収まるかどうかです。会場によって大きさが異なるため、着席できる人数に合わせてグループ分けをしていきましょう。

出欠の返事の前にすでにグループ分けをしといて、欠席に返事があれば名前を外すという作業をすればいいでしょう。テーブル席には順位が有り、席次もそれによって行っていきます。会社関係の人は肩書や年齢や勤続年数などによって決めていくことができますが、当然主賓はメインテーブルに一番近い席にします。

そして両家の両親も末席と言って、メインテーブルから一番遠い席に割り当てることが常識となっています。そして忘れがちな点でもあるのですが、もしも出席者の中であまり仲良くないなどの個人的な事情を知っている場合には、同じ席にしないようにも配慮をしてみるのもいいかもしれません。

また同じ友達であったとしても、高校、大学、バイト仲間、趣味仲間などいろいろあります。初対面の人を同じテーブルにする際は、話し上手や盛り上げるのが得意な人を1人置くだけで和やかな雰囲気で知り合いになっていくことができるでしょう。席次表にも新郎新婦のアイデアを詰まらせたオリジナルのものを作成することができます。

メッセージ入りにしたり、素材を変えたり、デザインを考えたりなど詳細にわたって準備することができます。ネットなどでアイデアを集めてみましょう。時間をかければそれだけ思いも招待客に伝わりますし、同時に素敵な結婚式をつくり上げることができます。