このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 記念すべき日にふさわしい曲
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
記念すべき日にふさわしい曲コングラッチェ

結婚式を盛り上げるためにはBGMは大きな役割を果たします。どんな音楽が使われているのか、またふさわしいかを知りたいと結婚する二人は思うでしょう。結婚式で使用されている人気のBGMを知るには、やはりネットで検索してみるといいのではないのでしょうか。それぞれのウェディングで使用された人気の音楽などのランキングなども見つけることができます。

やはり人気のものは時代の移り変わりによって変わってきますが、多くの人が使っているということはそれだけ内容も音楽もお墨付きということでしょう。最近では定番と言われているAIの「ハピネス」や福山雅治の「家族になろうよ」など人気です。自分の好きなものをBGMに使いたいということで選ぶものでも、もう一度歌詞などを確認することは大事です。

時にはめでたい席にあわないこともありますし、特に英語やその他の言語である場合には意味もわからずに聞いていることがあるため、よくよく調べてみるとその場にふさわしくないということも起こりうるのです。最近はネット検索などで和訳なども掲載されているので、使用してみるといいですね。そして選ぶ曲は1曲ではありません。

入場、両親への花束贈呈、送賓、両親への手紙、そして新郎新婦の退場とそれぞれにあったものを選んでいくことができます。もちろん同じものを何度かけてもいいのですが、それだとあまり面白みがありませんよね。それぞれのシーンに合ったものを選んでいきましょう。そして見過ごしがちなのが、著作権著作隣接権というものです。

実は好きなアーティストの音楽を使用する際には著作権侵害にも気をつけなければいけないのです。もしもウェディングプランナーに式の計画をお願いしている場合は、手続きをしてくれるので心配はありませんが、サプライズなどで何かしらの曲を使ったりDVDなどの音源にもこの著作権は関わってくるため、結婚式でトラブルを避けるためにも最初にしっかりと下調べをしてからBGM選びをしましょう。