このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 結婚式会場の席次はどうするの?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
結婚式会場の席次はどうするの?コングラッチェ

家族や親戚、友人に会社の上司から同僚まで、結婚式には幅広い層の様々な人が列席されます。その方々に、会場のどのテーブルについていただくかは、実は幾つかの決まりがありますので、それに沿った案内を行います。ただし、絶対こうしなければいけないというものではありませんので、式の主役である2人がどうしたいと考えているのか、プランナーの方に相談することも大切です。

《新郎新婦に近い席が上席(上座)、遠い席が末席(下座)となります》
丸テーブルの会場や長テーブルの会場などありますが、どちらも共通で、新郎新婦に近い席ほど、格の高いゲストに座っていただくのが通常です。上席には、会社の上司。末席には家族や両親というのが、友人はその間といったところです。もちろん、新郎新婦が望めば、両親の席を一番近くすることも可能です。しかし、冠婚葬祭におけるルールは、ある程度わきまえておかないと、周囲の方々が良く思わないことも多々ありますので、プランナーの方と相談し、慎重に決めましょう。

《名前の書き方はケースバイケースで対応を》
昔は社名や肩書きなどを詳しく書くことが普通でしたが、最近はそれほど堅苦しく考える必要は無くなってきました。「新郎上司」、「新婦友人」などで良いでしょう。ただし、ゲストが会社の人が多いという場合は、詳しい肩書きを添えておくべきでしょう。課長も部長も上司で括ってしまうわけには行きません。

《印刷前に念入りにチェックすること》
席次表を印刷するときは、何度もチェックするようにしましょう。招待状や当日に渡すプログラムなども、誤字や脱字を避けるため、入念なチェックが必要ですが、人の名前となると、間違いは許されません。漢字を勘違いで覚えているというケースも多く、年賀状などを確認して、合っているかは改めて確認してください。親戚関係も、伯父と叔父、伯母と叔母など、変換ミスなどないかを確認します。また新郎新婦から見て、親と兄弟は、式にお招きする立場ですので、名前に様は付けません。ただし、兄弟が結婚していて、苗字が変わっている場合は、様をつけてください。席の位置や肩書き、名前と確認すべき点は多いですが、誤字脱字を避けるためにも慎重に確認してください。