このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 結婚式で流す曲が、式の盛り上がりをサポートしてくれます。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
結婚式で流す曲が、式の盛り上がりをサポートしてくれます。コングラッチェ

式と、その後の披露宴でも、なにかと会場を彩ってくれるBGMは、果たしてどんな曲が好まれるのでしょうか。もちろん、新郎新婦の好みの音楽でも構わないのですが、中には、結婚式にはそぐわないというものもありますので、注意が必要です。会社の上司や親戚も参加していますから、世代を問わず幅広く愛されるものを選びましょう。

《シーン別にBGMを選びましょう》
新郎新婦の入場には、タメのあるBGMを選ぶと、入場のタイミングが分かりやすく、入場を待つゲストの方々にも盛り上がっていただけると思います。単調なものでは入場のタイミングがわかりにくいですし、式の開始の大切なBGMですので、慎重に選びましょう。披露宴中も、素敵なBGMを用意したいものです。特に乾杯のタイミングは、披露宴の開始としてしっかりと押さえておきたいところです。「乾杯」のひとことの後は、会場は一瞬静かになるものですが、そこはぜひBGMで盛り上げて欲しいところです。披露宴の始まりが、そのBGMの盛り上がるポイントであるといいでしょう。もう1つ。忘れてはいけないのがケーキ入刀のシーンです。ここは、ゲスト全員が思わず恥ずかしくなってしまうようなBGMを選びましょう。当事者である新郎新婦のこれからの結婚生活の門出となる重要なシーンでもありますので、恥ずかしがらずに幸せであることをアピールしてください。

《著作権に要注意》
昨今、結婚式会場にもよりますが、スマートフォンやデジタルオーディオプレイヤーに入った音楽は再生してくれないところもあります。これは著作権の問題で、CDで持ち込まなければ、その音楽が正しい方法で入手されたものであるか、判断できないからとされています。もちろん、そういった会場であればCD-Rなどに記録して持ち込むのも駄目です。市販されているCDを持ち込みましょう。ネットでデータ購入したものだとしても、会場の方には判断ができないので難しいところです。そのあたりも事前に確認したうえで、式場を選ぶのも良いかもしれません。