このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 結婚式で喜ばれる料理とは?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
結婚式で喜ばれる料理とは?コングラッチェ

結婚式のお楽しみの1つが、普段はなかなか食べられない豪華な料理ですよね。あくまでも新郎新婦2人をお祝いする場ではありますが、そんなお祝いをしてくれるゲストの方に楽しんでいただくためにも、気の利いた食事をご用意したいもの。幅広い世代の方々が訪れる式ですから、しっかりとしたおもてなしを心がけたいところですよね。

《おすすめはコースにプラス1品》
フレンチのフルコースは、一般的に「食前酒」、「アミューズ」、「前菜」、「お魚」、「お口直し」、「お肉」、「飲み物」、「パン」など、8品から10品ほどで構成されていますが、幅広い年齢の方々が集まる式では、特に年配の方がこれでは食べた気がしないという場合が多々あります。量も大事ですが、大切なのは質と構成。式でおなか一杯食べようという方は少ないでしょうが、どうも食べなれない食事では緊張もあり、食べた気がしないという方も多いのでしょう。そんな方々のためにも、おすすめなのがお米を使った料理。普段食べなれた食材を使ったものがやはり好まれます。中でも祝いの席ですから、赤飯がおすすめです。

《事前に試食させていただきましょう》
質、量、構成などを写真や話だけで見聞きしても、実際に喜ばれるかどうかは、実際に食べてみないとわからないものです。ウエディングプランナーの方と、構成を話し合う過程で、可能であれば試食させてもらえるか相談してみましょう。食べてみて初めて気づく、良し悪しというものもあります。また、意外と気付かないのが、料理の出てくるタイミングです。食べる速度は、人によってまちまちで、出された食事をゆっくりと食べる方もいれば、すぐさま食べてしまう方もいます。空いた皿をいつまでもテーブルに置いておくことも失礼ですし、早く食べすぎたことで、ゲストが変な気を遣うこともあり得ます。また最近では、男性であってもデザートを楽しみにしている方も多いので、ビュッフェ形式で、お好みのデザートを選べるようにすると、男性からも女性からも喜んでもらえることでしょう。せっかくですから、いらっしゃったゲストの方々が、気を遣うことなく食事を楽しめるよう、そして満足できるように事前にしっかりと準備をしましょう。