このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 結婚式で使う曲。どうやって選ぶ?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
結婚式で使う曲。どうやって選ぶ?コングラッチェ

会場にドレスに料理に、結婚式の準備でばたばたしていて、うっかり忘れがちなのが式場でかける曲選び。プランナーさんにおまかせの方も多いのでは。ですが、せっかくの舞台なので、なるべく自分たちで選んでいきたいですね。どんな場でどんなものが使われているのか知り、選んでみましょう。使われる所は、迎賓・新郎新婦入場・ケーキ入刀・乾杯・食事歓談・お色直しの入退場・手紙&プレゼント贈呈・新郎新婦退場になります。ゆったりとした曲調が使われるのは迎賓・食事歓談の際になります。

できるだけ歌詞の無いものにし、邪魔にならないけれど、心地の良い印象にしたいですね。盛り上がるサビがある曲調が使われやすいのはケーキ入刀・乾杯です。タイミングに合わせてサビを流すと盛り上がります。明るい曲調、静かな曲調どちらか好みで分かれるのは入退場です。どのようなシーンを演出したいか考えて選曲しましょう。人それぞれにはなりますが、お色直しの入退場と新郎新婦入退場で雰囲気を変えることが多いです。

そして、しんみりと心にしみる曲調が使われるのは、手紙&プレゼント贈呈です。家族への思いを伝える感動的な場面なので、歌詞にもこだわりたいですね。自分達の好きな歌や思い出の歌を選ぶことは1つの方法です。その際に注意しておきたいのは、歌詞になります。名曲といわれている曲の歌詞には、別れや悲しみが盛り込まれている場合が多くあります。特に洋楽の歌詞は外国語なので、そこまで気にしないもの。後から別れの歌だったと気が付くことのないようにしましょう。

式場によっては音源を用意している所もあるので、その中から選曲すると別れの歌を選ぶことはないでしょう。最近はインターネット上や雑誌で結婚式用の曲のまとめがあるので、それを2人で見ながら気になったものをチェックしていくものいいですね。音楽は人の潜在意識に作用すると言います。結婚式のシーンを想像しながら曲を2人で選ぶことで、更にゲストの心理を盛り上げることができるでしょう。選んだものはCDに焼いておいて、式が終わった後に聞くことで、2人で思い返してみるのもいいですね。