このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 結婚式での曲選び
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
結婚式での曲選びコングラッチェ

音楽で式を盛り上げたい

結婚式の雰囲気作りに欠かせないのは、なんといっても音楽です。曲しだいで、感動的にも、陽気な雰囲気にもなるものです。では、感動的で、ステキな、そして各場面にピッタリな音楽を選ぶためのポイントを振り返ってみましょう。

ロマンチックに入場を演出

まず、一番印象に残るのが、花嫁が入場してくるときのBGMではないでしょうか。ざわざわしていた会場も、曲が流れ始めたら一瞬静かになり、花嫁の入場への期待が高まります。扉を開けて入場してくる場合のポイントは、最初にタメを作ることです。そうすることで、ゲストの視線も自然と扉に向きますし、カメラなどを出して撮影の準備に入れます。ですから、選ぶ際には、イントロに少しタメがあるものを選ぶと良いでしょう。ただし、あまりタメが長いとゲストが「あれ?」と心配してしまったり、逆に集中力が切れてしまったりすることもあるので注意が必要です。ゲストへの合図としてちょうどいい長さのイントロを選びましょう。

シーンに応じた曲選び

さて、式で欠かせないのが乾杯です。乾杯によって、新郎新婦と大勢のゲストに一体感が生まれます。ここでの主役はゲスト全員と言えるでしょう。ですから、式全体の雰囲気を盛り上げ、テンションを高めるためにも、盛り上がる明るい曲を選びましょう。この時、逆にイントロが長かったり、出だしがスローだったりすると間が抜けてしまいます。勢いに乗せて、一気に盛り上げるためにも、テンポの良いものにしましょう。できれば、事前にふたり揃って「乾杯~」と叫びながら、音楽を流してみると良いでしょう。そうすることで、イメージがより膨らみますから、恥ずかしがらずにやってみましょう。
さて、他にもシャッターチャンスと言われるのはケーキカットの場面でしょう。ここでは、二人の幸せぶりをゲストのみなさまにアピールしなければいけません。「皆さんのお陰で結婚しました。これから二人の新しい人生が始まります!」というメッセージを込めて、笑顔でケーキをカットします。その雰囲気を盛り上げるためにも、幸せ感がたっぷりの恋の歌などがぴったりです。
他にもシーンに応じて適切な曲選びが必要になります。細かな点ですが、結婚式を思い出深いものにするためにも、手を抜かず頑張りましょう。