このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 席次で示すマナーと気配り
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
席次で示すマナーと気配りコングラッチェ

席次の準備を・・・

お呼びするゲストが決まったら、次に考えるのが席次です。一見難しそうに見えますが、すでに決まったルールがあるので、それさえ押さえておけば、あとは臨機応変に考えられます。では、早速基本のルールを見てみましょう。

基本的なルールは?

式場によってテーブルの形はいろいろです。長テーブルだったり、丸テーブルだったりしますが、基本的に、新郎新婦が座る高砂席に一番近い最前列が上席と決まっています。ただし、長テーブルは前方が上座、また、より中央の席が上座です。上座には、主賓、職場の上司が座ります。逆に新郎新婦から最も遠い下座には家族が座ります。親族の中でも、関係が遠い親戚や年配者ほど上座に座り、両親が末席になります。このルールはどんな会場でも変わりません。ですから、そこさえ押さえておけば大きな間違いはないと言えるでしょう。
もちろん、近年ではこのルールにとらわれないさまざまな考え方が受け入れられるようになってきています。例えば、家族、特に今までお世話になってきた両親に感謝の気持ちを示したいという新郎新婦の意向を配慮して、あえて会場の真ん中に家族席を用意することもあります。さらに、本来はゲストより一段高くなっていた高砂席を、ゲストと同じ高さに合わせるケースもあります。これは、新郎新婦がゲストを見下ろすことがないように配慮したものです。

気遣いのされたテーブルづくり

さて、友人席ですが、友人同士なら新郎側と新婦側の友人を同じテーブルにしても問題ありません。こうした混合席を設けることで、お互いの友人同士が知り合ったり、新たな出会いが生まれたりすることさえあります。ただし、初対面の友人同士が同じテーブルで居心地の良い時間を過ごすためには席次に工夫が必要になります。例えば、趣味や好みが似た人同士を隣り合わせにしたり、話し上手な人を間に挟むような形にしたりしておけば、気まずい雰囲気にならずに式を楽しんでいただけるでしょう。
以前はとても気を使った席次ですが、今では一昔前ほど重視されなくなりました。ですから、あまり堅苦しく考えすぎず、できるだけゲストが楽しい時間を過ごせることを目標に、柔軟に対応しましょう。