このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 結婚式でのスピーチを頼まれたら
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
結婚式でのスピーチを頼まれたらコングラッチェ

スピーチって何を話したらいいの?

意外にかなりの方が、結婚式での友人代表スピーチを楽しみにしています。それだけに、依頼されるとプレッシャーも感じます。笑いあり、涙ありの良いスピーチを準備するコツを教えます。

基本的なスピーチの構成

友人代表のスピーチの基本的な構成要素は、招待のお礼とお祝いの言葉、自己紹介、新郎新婦とのエピソード、二人への激励、そして締めです。もちろんすべての要素を同じ長さで話せばいいというわけではありません。新郎新婦とのエピソードが話の山場ですから、そこに一番長く時間を割きましょう。逆に自己紹介などを延々と行うと、お祝いに来たのか、自己主張に来たのか分からなくなってしまいます。同じ理由で、エピソードの中に自分を登場させる場合には、自分の活躍を詳しく話しすぎて、主役の人物像が見えてこない…なんてことにならないように気をつけましょう。常に意識すべきなのは、主役の新郎と新婦です。脇役は二人を引き立てる役に徹しましょう。

雰囲気作りができるスピーチを・・・

では、具体的にどんなエピソードを語ったら良いのでしょうか。まず、避けるべき話題としては、過去の暴露話や、恋愛が挙げられます。たとえ、新郎新婦の許可を得ていたとしても、暴露話は聞いていて楽しいものではありません。また、二人の新たな出発を祝う場で、過去の恋愛に関して触れるのもNGです。場合によっては、過去の恋愛に関係した人が出席していることもあり、双方に気まずい思いをさせてしまいます。家族も含め、出席者全員が安心して聞いていられるような話題を選びましょう。
友人代表として話すといっても、式には会社の上司や親族も出席しています。どんなに新郎新婦と親しくても、普段の会話と同じ、くだけた話し方や、言葉遣い、また他のゲストへの配慮を欠いたマニアックなエピソードや下ネタなど、どれもふさわしくありません。大人から子供まで、どの世代の人たちも聞いていて心地よい話題を選びましょう。
友人代表という大役を果たすに当たり、まずは式全体の雰囲気や出席者、さらには新郎新婦の意向をしっかり考慮しましょう。その上で、誠実に、気持ちを込めて話せば、きっと心からのお祝いの気持ちが伝わるでしょう。